52歳男性です。
私の家は築37年になる北名古屋市 一戸建て二階家です。
52年前に両親が買った土地に家を建て、37年前に今の2階建ての家に全面改築した物です。
両親は自営業で織物業を営んでいた為、住居に隣接する工場もあります。
10年ほど前に織物業は廃業しましたが、工場の建物はそのまま残し、現在は車庫兼物置きとして使用しております。
車庫として使用する為に昨年末にはリフォームを行い車を2台までは駐車出来る様にしました。
今年はその工場建屋の物置きスペースを母親の趣味の部屋に改造してみようと思っております。
今はやりのDIYです。
又、築37年が経ちますので家の中が微妙に変形し、戸が閉まりにくかったり、床が傾いたりしてきました。
何時になるかは判りませんが、どこかのタイミングでは家の耐震補強等を行う必要がありそうです。
いずれにしても両親からしてみると52年間住み慣れた土地ですので、大切に守っていく必要があると考えております。
みなさんは、どんな住まいが暮らしを豊かにしてくれると思いますか?かわいい装飾がたくさんある家でしょうか。はたまた便利なキッチングッズがたくさんあるお家でしょうか。ものがたくさんあれば、暮らしは豊かになるのでしょうか?
 みなさんにこんな経験はありませんか?物が多すぎてしまう場所がなく散らかってしまう、なのに全く使っていない食器や服は棚の奥にたくさんしまってある。実はこのような状況は、そこに住む人々にじわじわとストレスを与えていきます。片付かないことはもちろん、”いらないものを所有している”ことも十分ストレスの原因になっているのです。
 暮らしを豊かにしてくれる住まい、それは「最低限のものしかない住まい」です。持つべきもののみ所有しているお家こそが、私たちを心から豊かにしてくれるのです。そこで、あなたが今すぐするべきことは一つ、”捨てる”ことです。「いらない」と思ったものを片っ端から捨てていくことなのです。1年着なかった服、使わなかった食器、全部捨ててしまいましょう。お家の中にある余裕は自分の心の余裕にも影響します。
 一つ注意したいのは、用途があるもの以外すべて捨てなくても良いということです。ただのコレクションでも、「好きだ」と心から思えるものは残した方が良いです。「用途があるもの」は暮らしを「実現する最低限」のもの、「好きなもの」はそれ以上に暮らしを「豊かにしてくれる」ものだからです。
 いかがでしょうか。今日からみなさんも暮らしを豊かにするために、ものを買いたさずに捨てる生活を始めましょう。

内職 アルバイト工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|エロチャット|有料エロ動画|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|生命保険の口コミ.COM|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|住宅リフォーム総合情報|超SEO対策|貯蓄